健康と食

すこやかな体は、生きる力の礎。
一個人で自分の健康を考えるのでなく、地域ぐるみで、もう少し委ねられる健康を。
住民として「自由に利用できる地域の台所」を、思いやりと安心できる食材で。
「悪くなる前にケア」「体が喜ぶ食」。
そんな福利厚生、地域にあっていいよね。