くらしのアトリエ

暮らすことでしごととなる、暮らすことでゆたかになる

くらしのアトリエは、鎌倉の地から新たに創り出していく経済活動

「ヒトがその本来持つチカラを活かし、役に立つ実感を感じられるシゴトの悦び」を人々の手へともたらします。「価値が循環する協働活用方式を中心として、日本の国民性・風土・はたらきを生かすアトリエ」です。

くらしのアトリエは、これからの時代の『くらしとしごと』を創る場所

暮らすようにはたらくことで、あなたが活きる。「もうひとつの仕事」と「もうひとつの住まい」。一生涯、好きや得意を活かして地域に役立ち、経済が巡り、すこやかに楽しく暮らすためのアトリエです。「何かを始めたい。このままでは何か違う」と思ったなら、どうぞいつでもアトリエに遊びに来てください。

100年生きる時代。あなたは、どう生きていきますか。

img

生きる力学校

生きる力を活かし育み、
未来に生きる

商いの力、身体の力、食の力、伝える力、継ぐ力、心の力、住まう力、
つくる力、自然の力、家事する力、美しくなる力、あそぶ力…

「生きる」がもっと楽しく、安心に、力強いものになるために。
あなたの「生きる力」はどんなチカラですか。
これからのプロフェッショナルはどんな生き方ができますか。

img

鎌倉2020 & 2030

このまちの未来を共に創る

共感がめぐり、価値がめぐり、経済がめぐる。
魅力的で高品質なわたしたちの未来がそこにありました。
共鳴しあう力を大切に、
あたらしいくらしをはじめましょう。


くらしのアトリエの「場」

来て見て感じることから始める、くらしのアトリエ

鎌倉の閑静な住宅地にあるアントニン・レーモンド派の設計による邸宅の一部を共同で利活用します。

img

「広間」20畳強
「洋室」12畳程度
「和室」4畳半+板の間
「ウッドデッキ」休憩に最適
「キッチン」12畳程度。ガスオーブンと三口のコンロ、業務用のコールドテーブル

〒248-0017 鎌倉市佐助1-2-4(クリオピアノ教室左手) Map
Tel: 0467-39-5604
Mail: kurasi.sogen@gmail.com (担当 菱山)
Facebook


くらしのアトリエの「学び」

自身ができることを少しだけ提供すると、地域力は強くなる

少子高齢化、多様性、長寿社会、「これからの地域・地縁づくり」は自分が役立つことでつなげる社会だと考えます。客観的に自分の仕事を見てくれる仲間がいると、しごとのクオリティもアイデアも無限大。アトリエは地域を豊かにする「協働のくらし」を提案。興味ある仕事でつながれば、あなたの仕事もひろがります。

学び、教えることで、生きる

アトリエでは、カラダもココロも疲れをためないためのサービスを用意します。大人も子供も、体験から学ぶ機会を、寺子屋形式で受講することができます。温熱整体で体をケアをする「日々リトリート」、仕事や子育て中の方の「週ナカ週末食堂」、何を相談すればいいかを相談する「相談前の相談」、ほかにも「街中探検ウォーク」「仏教社会学」「焙煎物理学」「コトワザづくり」「家庭整体」などで、生きる力にアプローチします。社会は一人一人の生き方の結晶です。様々な人の考え方に触れられるトークイベントも開催します。


くらしのアトリエの「ひと」

自分たちの未来を共につくる「くらしびと」

みんなとアトリエで出会う「出会いびと」、
自分らしいしごとをつくる「しごとびと」、
あたらしい暮らしを共につくる「生きる力びと」

世代を超えて「生きる」「暮らす」「働く」をシェアするアトリエには、
小さくともよいものと丁寧に向き合う、人のくらしがあります。


くらしのアトリエの「お金」

自分たちの経済を小さくつくる、協働のくらし

小さくともしっかりまわる形を実践します。

コストを参加者で拠出し、利益を参加者で分配する。
等価値交換をアトリエ使用料や草の手入れ、ごはんなどで実施する。
協働事業参加などによる共感・感謝チャージの仕組みを実現する。

img